UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・シティ対バルセロナの1stレグが行われた。

エティハド・スタジアムでの一戦ではこんな出来事もあったようだ。試合終了のホイッスルが鳴ると…

80分までプレーし、ベンチに戻っていたネイマールはホイッスルが鳴るなか、何やらこっちに来いと手招き。そして、1人のシティファンと口論となった。 シティファンはジェスチャーで、ネイマールに対し“ダイバー"と言っているように見える。

この騒動について『dailymail』が伝えている。それによれば、ネイマールはブラジルメディアにこう語ったという。

「彼と遊んでいただけさ。彼がオレを罵り始めた、だから結局オレも彼を罵ることになった。彼がオレに言ったこと?それを繰り返して言うことはできない、ダメだ。オレの母親は自分に教育を授けてくれた。彼の母親が彼に教えなかったことを、オレの母親は教えてくれたんだ」

最後のほうは冗談交じりのようでネイマールとしては大したことではないといった口調であったようだ。ただ、同紙ではシティ側がこの騒動を報告した場合、ネイマールにUEFAから制裁が科される可能性もあるとしている。