アーセナルのレジェンド、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプがあのゴールを決めてからちょうど13年になった。

アーセナルのTwitterもアナウンスした“それ"は2002年3月2日にセント・ジェームズ・パークで行われたニューカッスル戦で記録されたもの。

DFニコス・ダビザスを出し抜いたプレーは何度見ても理解不可能、マジカルとしか形容できない…

当時ヴェンゲルも「あのようなゴールをそう多く目にすることはないだろう。アンビリーバブルなゴールだった」と唸るしかなかった、まさにベルカンプの芸当。誰もマネできない究極のプレーとして今後も語り継がれてゆくことだろう。