バルセロナはレアル・マドリーとの大一番、エル・クラシコに2-1で勝利した。

ルイス・エンリケ監督は「おそらく世界で最も攻撃的な2つのチームによるとても完璧な試合だった」と語り、勝利への喜びと選手たちの仕事ぶりに対する満足感を口にしていた。

全世界が注目するビッグゲームとあって、選手たちはピッチ外でも気合いが入っていたようだ。カンプ・ノウに集った選手たちの私服姿をチェックしてみよう。

左から、メッシ、アドリアーノ、ドウグラス、アウヴェス、ネイマール、ラフィーニャ。

SUDAKASS ... Mucha Calidad !!! Jajajaja
Njさん(@neymarjr)が投稿した写真 -

皆かなりキメてきたことが窺える出で立ちである。

メッシはグレーと黒でかなり落ち着いた感じ。パンツがゆったり目で、ピタッとしたものはあまり好みじゃないのかも。
アドリアーノはデニムのジャケットに赤パンというバルサカラーっぽい感じ。赤パンもさることながら、袖の刺繍と金ボタンのジャケット気になります。
ベンチ外だったドウグラスだが、隠れオシャレ上級者?赤のジャケットと足元のローファーがポイントだろうか。
そして、真ん中に鎮座するのはご存知ダニ・アウヴェス(オシャレ)番長。シルバーとゴールドを取り入れたファッションはさすがというか、マネできません!
ネイマールは赤のレザージャケットとハイカットブーツ?スニーカー?が存在感を発揮。メガネも赤というか臙脂だった模様。
そして、最後のラフィーニャは全身黒でシックな感じ。

なかでも、注目を集めていたのはやっぱりというかアウヴェスとネイマールの2人だったそうだ。

白熱のクラシコ、ゴールシーンは こちらで!。