4月1日、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは「FCポルトからブラジル代表DFダニーロを獲得した」と公式発表した。

契約期間は2015年7月1日から2021年6月30日までの6年間。詳しい条件については公式に発表されてはいないが、メディアでは移籍金は2300万ポンド(およそ41億円)であると報じられている。

ダニーロ・ルイス・ダ・シウヴァ、通称"ダニーロ"は1991年生まれの23歳。アメリカ・ミネイロとサントスでプレーし、2011年のクラブワールドカップでは来日し柏レイソルと対戦していることで知られる。

その後既に契約を交わしていたポルトに移籍し、初年度こそ出番が少なかったものの2年目からは絶対的なレギュラーに君臨。リーグ2連覇に貢献し、3年間大きな怪我なく安定した活躍を見せてきた選手である。

得意とするオーバーラップからのクロスでチャンスを生み出すだけでなく、カットインからゴールを自ら狙うことも可能で、幅広い攻撃への貢献が可能な右サイドバックである。

かつては「マイコンの後継者」と呼ばれたものの、フィジカル的な能力だけでなく、高いテクニックを生かしたビルドアップにも高い評価を受けており、ボランチやトップ下といったポジションでもプレーした経験がある。