先日行われたビッグロンドンダービー。アーセナルとチェルシーとの頂上決戦は0-0の引き分けで終了、首位チェルシーが勝ち点差10をキープする結果となった。

緊迫の90分を終え、ヴェンゲル監督は「我々は試合を仕留めることもできた。だが、向こうはよく守った。そのことはみんな分かっている」と述べ、一方のモウリーニョ監督はDFジョン・テリーを讃え「ともにやってきた5シーズンにおいて、彼の極上のパフォーマンスだったと思う」と語っていた。

そんな白熱の試合のキックオフ前まで、そしてハーフタイムの様子?をアーセナルのマスコット、Gunnersaurus Rexの目線で見るちょっと貴重な映像が公開されている。

3月のエヴァートン戦でもいい感じの映像を撮ってくれたGunnersaurus、今回も結構いい仕事してます。

スタジアムに到着した両チームの選手たちを出迎えるところから映像はスタートしており、アーセナルの選手はもちろんのこと、モウリーニョ監督やチェルシーの選手ともしっかり握手!ネイザン・アケ、モンレアル、フラミニがなんかいい人そうであった。