5月13日、『Manchester Evening News』は「マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFクリス・スモーリングの自宅で火事が発生し、消防隊が出動した」と報じた。

2010年にフラムからやってきたDFクリス・スモーリングは、マンチェスター近郊の街オルトリンチャムにある豪邸に在住していることで知られている。

記事によれば、5月12日の午後8時にスモーリングの家で火災が発生しているという通報を受けて出動し、消火活動を行ったとのことだ。

家の裏庭に存在するジェットバスを中心として炎上しており、到着が遅れればデッキなどを巻き込んで大きな火災になった可能性があったとのことである。

この際にスモーリング自身は不在で、火災の原因については家の電気系統の問題によって引き起こされた可能性が高いと推測されている。