ギラヴァンツ北九州は昨季、J2で過去最高の5位に入る大健闘を見せ、天皇杯でも初のベスト8へ進出した。

柱谷幸一体制3年目の今季もその勢いを継続したいところだったが、ここまでは5勝9敗の15位という成績。総失点が22と守備面でやや脆さを見せている。

その北九州が19日、恒例となったサマーユニフォームの2015モデルを発表。サード扱いとなる今年の“夏ユニ”は、昨年に引き続き地元の『わっしょい百万夏まつり』とのコラボモデルとなった(画像:ボンボネーラ)。

Giravanz Kitakyushu 2015 Bonera Third

giravanz-kitakyushu-2015-bonera-third-kit

色はクラブのサードカラーで雄大な北九州の夜空を表現した紺を基調とし、胸には見ての通り、夏の風物詩である「花火」を大胆にデザイン!

祭りのクライマックスで打ち上がる6,000発の花火を力強く描いているほか、背面はその明りに照らされた小倉城が浮かび上がる素敵な仕上がりとなっている。また裾部分には、わっしょい百万夏まつりとのつながりを表す一体ロゴが初めて入れられた。

giravanz-kitakyushu-2015-bonera-third-kit

GKユニフォームはグレーを採用。この「わっしょい百万夏まつりコラボユニフォーム」は、7月から8月にかけて行われるホームゲーム3試合(※24節の東京V戦、25節の札幌戦、27節の大宮戦)で使用される。