元オランダ代表FWで現在はトルコでプレーしているライアン・バベル。彼はアヤックスの下部組織出身で将来を大きく嘱望された選手だった。

2004年にアヤックスでプロデビューを飾ると、2005年には代表デビュー。2006年のワールドカップメンバーに選出され、マルコ・ファン・バステン監督(当時)からは「NEXTティエリ・アンリ」と評された。

2007年の夏に1150万ポンド(およそ22億円)でリヴァプールに移籍。アンフィールドのファンから大きな期待を寄せられたがポジション争いに破れ、2011年にはホッフェンハイムへ移籍。ホッフェンハイムでも思ったような成績が残せず、古巣アヤックスへのローンを経験した後、トルコのカズムパシャに辿り着いた。

現在28歳のバベル。今シーズンは28試合に出場し、9ゴールを奪っており、まだまだ老けこむ歳ではないことを示しているが、そんな彼が今も大事にしているのがリヴァプールの代名詞である「YNWA (You'll Never Walk Alone)」の4文字のようだ。バベルがアップロードしたInstagramの投稿をご覧頂きたい。

Black #YNWARB Snapback Coming soon @ynwa_rb | 138/365
Ryan Babelさん(@ryanbabel)が投稿した写真 -

机の右にある帽子を見れば一目瞭然だ。

「#YNWA」の文字。これはバベルが展開するファッションブランド「#YNWA」のロゴだ。バベルは「#YNWA」の文字の入ったキャップやTシャツなどのブランドを展開しているのである。

多少商売っ気も感じられるが、彼のInstagramの投稿にはリヴァプールの話題がいっぱい。マージーサイドに熱い想いを残してきたのは間違い無さそうだ。

Thanks 4 the invitation @stevengerrard || 086/365
Ryan Babelさん(@ryanbabel)が投稿した写真 -



ON THIS DAY in 2008: #LFC beat #Arsenal 4-2 in the Quarter-Finals of the Champions League. | 095/365
Ryan Babelさん(@ryanbabel)が投稿した写真 -

バベルのブランドが気になる方はこちらからどうぞ。