サウサンプトンはマラガのスペイン人FWフアンミを4年契約で獲得したと発表した。

フアンミことフアン・ミゲル・ヒメネス・ロペスは1993年生まれの22歳。170cmと小柄ながらアジリティーや瞬発力だけでなく、鋭敏なゴール嗅覚と巧みなポジショニング、シュートテクニックに長けたFWである。

今季は34試合に出場し8ゴールをマーク。また、3月のオランダ戦でスペインのフル代表にもデビューしている。ハビ・ガルシア監督のもとカンテラ上がりの選手が多く登用されたマラガにあってエース的存在であったが、このほどプレミア参戦が決まった。

サウサンプトンのエグゼクティブ・ディレクターのレズ・リードは「フアンミは若く、エキサイティングで、クラブの戦略的プランに完璧に合致する攻撃的選手だ」と語るとともに、綿密なスカウティングを行っていたとも明かしている。

一方のフアンミは「ここはビッグクラブだし、僕に相当な信頼を示してくれた。トレーニング場、スタジアムも素晴らしい。本当に本当にビッグクラブだよ。小さい頃から、プレミアリーグでプレーするのをずっと夢見てきた。夢が叶った」などとその喜びを語っている。