アメリカのカップ戦、USオープンカップの4回戦、ニューヨーク・コスモス対ニューヨーク・シティFC戦が当地で行われた。

この試合で注目を集めたのが、この2人。

ラウール・ゴンサレスとダビド・ビジャ。背番号7を愛し、スペイン代表でも一緒にプレーした2人のスペイン人ストライカーは現在アメリカに活躍の場を移している。そんな2人の対面シーンがこちら。

ハグを交わした後、笑顔で言葉を交わした2人。それぞれのユニフォームを交換し、再びハグでお別れ。試合直後とあって、決して長い時間の交流ではなかったが、何かグッとくるものがある…。

なお、試合は土壇場で追いついたニューヨーク・コスモスがPK戦の末に勝利を収めている。ラウールは86分までプレー、ビジャはベンチ入りしたものの出場はなかった。