CONMEBOL(南米サッカー連盟)は19日、17日に行われたコロンビア戦の試合終了後、相手選手と小競り合いを起こし退場処分を受けたブラジル代表のネイマールに「4試合の出場停止と1万ドルの罰金」を科すことを発表した。

ブラジルは仮に決勝まで勝ち上がっても全4試合(グループ第3節、準々決勝、準決勝、決勝)のため、ネイマールのコパ・アメリカは終了したことになる。

なお、ネイマールと合わせて退場を命じられたコロンビアのカルロス・バッカにも2試合の出場停止と5000ドルの罰金処分が下されている。