この夏、今季チーム最多得点のエース武藤嘉紀がマインツ05へ移籍したFC東京。

後釜としてネイサン・バーンズ、サンダサという二人の外国人アタッカーを獲得したが、マッシモ・フィッカデンティ監督のシステマチックなサッカーにフィットするには多少時間がかかりそうな気配。クラブとしては、まずは今月チームやリーグに慣れ、来月の東アジアカップ明けからバリバリ働いてもらいたいといった感じだろうか。

FC Tokyo 2015 Umbro 'Friendly against Eintracht Frankfurt'

fc-tokyo-2015-umbro-friendly-against-eintracht-frankfurt-kit

FC東京は東アジアカップ期間中、ドイツ遠征を行い、8月2日(日)に日本代表の長谷部誠と乾貴士が所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦する。

その親善試合「Frankfurt Main Finance Cup」に向けた新ユニフォームが21日に発表され、フランクフルトのユニフォームに配慮してかゴールドを基調としたシャツが登場。パンツとソックスは通常の白のアウェイと同じものを使用する。

fc-tokyo-2015-umbro-friendly-against-eintracht-frankfurt-kit

GKはグレーに黄色というなかなか珍しい感じに。いずれも右袖には日本国旗が入るようだ。

この親善試合用ユニフォームは、7月30日から公式オンラインショップなどで予約販売が行われる予定。なお、「※実際のユニフォームのデザインにつきましては一部変更になる場合がございます」とリリースされている。

フランクフルトのYouTube公式チャンネルではこの試合に向けた長谷部からのメッセージも公開中。