2015-16シーズンのイングランド・プレミアリーグがついに開幕した。

ストーク対リヴァプール戦は終了間際のフィリペ・コウチーニョの劇的弾丸ミドルで決着。1-0でリヴァプールが勝利している。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

この試合中に起きてきた気になる事件について、『Liverpool Echo』が伝えていた。

それによれば、この試合をブリタニア・スタジアムで観戦していたひとりのストークファンがコウチーニョのシュートが決まった際、心臓発作を起こしていたという。

昏倒した男性は駆けつけた救急救命士によって蘇生され、今は病院で回復中だそうだ。

ストークの選手たちもこの件について承知しているようで、チャーリー・アダムはTwitter上で、選手全員が一刻も早い回復を祈っているとのメッセージを発している。

救急隊のチーフによると、試合終了のホイッスルが鳴った直後の午後5時50分頃に出動要請があったという。また、蘇生のために除細動器が使用されたとのこと。当局のスポークスマンはこう述べている。

「5時50分の少し前に男性の心停止についての出動要請を受けた。スタジアムで除細動器(A community defibrillator)が使用された。2台の救急車が出動し、彼はロイヤル・ストーク・ユニバーシティ・ホスピタルへ搬送された。成功となった蘇生だった」