『Daily Mail』は「イングランド・プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドは、グレイズ・アスレティックに所属しているFWドゥメビ・ドゥマカの獲得を検討している」と報じた。

ドゥメビ・GB=ドゥマカは今年21歳になるアタッカーで、「DD」の愛称を持っている。ヘイブリッジ・スウィフツ、バーキングなどに所属した経験を持ち、昨年グレイズ・アスレティックに加入した。

クラブは7部にあたるイスミアン・フットボール・リーグ・プレミア・ディヴィジョンに所属しており、今季レギュラーで起用されたドゥマカは開幕から7試合で12得点というめざましい結果を残している。

ウェストハム・ユナイテッドは彼をいち早くテストするため、今後数週間でトライアルのオファーを送ることを検討しているようだ。

レスター・シティでブレイクしたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは24歳までアマチュアでプレーしていたことで知られており、イングランドではノンリーグに対する興味が増加している。

ドゥマカに対しても、レディング、ミルウォール、ボストン・ユナイテッドなどのクラブが彼に興味を示しているといわれており、チームメイトのMFネイザン・ファーガソンにもプレミアレベルのクラブの関心が寄せられているようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら