『UEFA』は14日、ベストイレブンと共に最優秀選手などのタイトルを発表した。

評論コメントの要約と共に見ていこう。

最優秀選手:ロベルト・レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキは、バイエルンでの4試合で12ゴールをあげた。今予選においても10ゴールをあげて得点王に輝いている。

ロングレンジのヘッドを決めたアイルランド戦などでゴールを決めた。アダム・ナヴァウカ監督は「ロベルトはチームに輝きを与えた」と語っている。

最優秀チーム:アルバニア

24チームに枠が拡大されたことで、北アイルランドやウェールズらがEUROの切符を勝ち取った。

しかし、北アイルランドがワールドカップに出場経験があるのに対して、アルバニアの偉業はかなり異例のことだ。

ジャンニ・デ・ビアージ監督は「私たちは本大会へ出場することができると言った時、周りのみんなは苦笑しました」と当初の状況を振り返っている。

パーソナルベスト:サンマリノ

フランスへの道はかなわなかったが、過去最高の予選を過ごしました。

エストニアとの0-0の引き分け、勝ち点1を拾いました。

ベストゴール:イルカイ・ギュンドーアン

世界チャンピオン・ドイツを脅かしたスコットランド代表を突き放すゴール。

3-2と勝利を確保し、スコットランドを排除した。

佳作:ジブラルタル

UEFAの54番目のメンバーは、初めての予選で常にタフな戦いを強いられた(10敗、56失点)。

リー・カッシャーロは、予選で初めてのゴールをあげて言った「夢が叶った」。

数字:36

スペイン代表は、フランスで2008、2012年に続く3連覇を狙う。

2014年10月のスロバキア戦で1-2と敗戦、スペインが予選で敗退するのは36試合ぶりのことで2006年10月のスウェーデン戦以来だった。