ブンデスリーガ第10節、ドルトムントはアウクスブルクを5-1で撃破した。

香川真司の好アシスト連発も注目を集めるなか、得点者はピエール・オーバメヤング(ハットトリック)とマルコ・ロイス(2得点)。その2人には試合後にこんなシーンがあった。

オーバメヤングへのインタビュアーを務めたロイス!お互いちょっと照れくさそうであったが、仲の良さが伝わってくる映像でもあった。

なお、オーバメヤングはELガバラFK戦に続いてのハットトリック達成。本人曰く、アウクスブルク戦の前日に家族と賭けをしていたという。なんでも、「もし3点決めたら、何か贈るよ」と宣言していたそうで、賭けには勝った形だが、ギフトを探さなきゃね!とも話していたとのこと。

そして、ロイスが戻ってきたことについては、「彼も2点決めた。本当に嬉しいよ。僕らにとって信じられないくらい重要な選手さ」と語っていたそうだ。