27日、ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムは「2016-17シーズンからユリアン・ナーゲルスマンがトップチームの監督に就任することが決定した」と公式発表した。

ユリアン・ナーゲルスマンは1987年生まれの28歳。選手としては1860ミュンヘン、アウクスブルクのユースとリザーブに所属していたが、トップチームに昇格したことはない。

20歳で現役を引退し、アウクスブルクと1860ミュンヘンのユースで指導を行ったあと、2010年にホッフェンハイムのU-17と契約。それからトップチームのアシスタントやU-19の指導を行ってきたコーチである。

現在17位と降格圏内に沈んでいるホッフェンハイムは、先日マルクス・ギスドル前監督を解任。

その後任としては名監督のフーブ・ステーフェンス氏が招へいされたものの、彼については今季限りの契約。

2016年夏からはクラブ生え抜きの指導者であるナーゲルスマンにトップチームを任せることが決まった。

ナーゲルスマンは2016年7月1日の時点で29歳となり、これはブンデスリーガの歴史の中では最年少記録となる。

ユリアン・ナーゲルスマン
(ホッフェンハイムU-19監督)

「私はこのワクワクする仕事を楽しみにしているし、信頼してチャンスを与えてくれた人々に感謝したい」