ラ・リーガ第10節、スポルティング・ヒホンのMFアレン・ハリロヴィッチがマラガ戦でゴールを決めた。

正確なパスで左サイドに展開したハリロヴィッチは、そのままボックス内に走り込むと、マイナスのクロスを落ち着いてゴールに突き刺した。

ハリロヴィッチの今季2点目となるゴールが決勝点となり、1-0でヒホンが勝利を収めた。

この日のハリロヴィッチは他にも決定機があり、本人はそれを決められなかったことを嘆きつつ、「ここ(ヒホン)でハッピーだよ。素晴らしいチームメイトがいて、楽しんでいる」とも述べていた。