ここまでは、アラビア語から英語に直す際の「表記」の話。

ここからは「発音」である。

アラビア話者の発音を実際に聞いてみると…

「EL」の部分は「アル」、ないしは「エル」に聞こえる。さらに「Neny」の部分も「ネィニー」、「ナェィニー」、「ナーニー」、「ニーニー」とも聞こえる。

正則アラビア語は 「a」、「i」、「u」の3つの母音しかない(ということになっている)ことから、その中でエではないものをなんとか選ぶしかないわけだ。

ともかく、根本的な発音が異なる海外の言語を50音のカナで表現するということ自体に無理があるため、明確な答えは存在しない。あくまで「一応そう表記しただけ」という程度のものである。

アラビア語の名前における発音が乱立している要因には「アラビア語→アルファベットへの変換で表記がズレ、それらを英語読みで発音すること」がある。

しかし、ただ純粋に、日本語―アラビア語間の転写を考えればمحمد الننيを「アル・ナーニー」や「アル・ニーニー」のようになるのではないか、ということだ。もちろん、これはQolyが正しいということを意味しない。どれも間違っており、どれも正しいのである。