イングランド・プレミアリーグのノリッジ・シティは「DRコンゴ代表FWディウメルシ・エンボカニが、ブリュッセルのテロ事件に遭遇した」と報じた。

22日にベルギーの首都ブリュッセルの空港や駅で起こったテロ事件。ISISが犯行声明を発表した自爆テロは、少なくとも34名の死者を出したと報じられている。空港での爆発では少なくとも14名が死亡し、94名が負傷したと伝えられた。

そしてその事件後、ノリッジ・シティは公式サイトに声明を発表。ディウメルシ・エンボカニはその事件に遭遇しており、そのために動揺を抱いていると伝えたのだ。

ノリッジ・シティ

「ノリッジ・シティは、ディウメルシ・エンボカニがブリュッセルのザヴェンテン空港でテロ攻撃に遭ったことを確認している。

ディナモ・キエフから借りている彼は無事であったが、空港での悲劇的な出来事に動揺している。多くの人々が犠牲になり、負傷した。

クラブは常にディウメルシと連絡を取っている。そして、彼は家族とともにあるために家に帰っている」

エンボカニはDRコンゴの代表戦を控えており、赤道ギニアに向かう途中だったという。

幸いにしてディウメルシ・エンボカニには負傷はなかったとのこと。なお、ビジャレアルのFWセドリック・バカンビュも同じ空港に居合わせ、テロ事件に遭遇したようだ。