『Die Welt』など各メディアは「ビジャレアル対バルセロナの試合でリオネル・メッシのシュートを受けた女性は、手首を骨折していた」と報じた。

事件が起こったのは開始から15分。リオネル・メッシが放った強烈なシュートが、エル・マドリガルのゴール裏にいたラケルという女性に直撃!

これによってこの女性は負傷し、この後病院に運ばれることになった。検査の結果、ボールをブロックした彼女の手首は骨折しており、治療が必要になったという。

なお、このあとスペインのメディアが彼女の話を聞いたところ、どうやらレアル・マドリーのファンであったようで・・・

ちなみに、現在の所は確定した話ではないものの、バルセロナはおそらく彼女の治療費を負担するとともに、次の「エル・クラシコ」でスタジアムに招待する可能性が高いという。

そうなると、偶然レアル・マドリーファンがエル・マドリガルに来て、偶然メッシのシュートを喰らって骨折し、バルセロナから偶然次に行われるカンプ・ノウの「エル・クラシコ」に招待されるということになるが・・・不運なのか幸運なのかよく分からない状況である。