6日、インドの自動車大手メーカーであるTATA Motorsは、Youtubeで新発売のハッチバック車『ティアゴ』の新CMを発表した。

この『ティアゴ』、先日大きな話題を巻き起こした車だ。元々この商品の名称は『ジカ』(Zica)であったのだが、ブラジルを中心に流行しているジカ熱の影響があり、直前で名称を変更しなければならなかったのだ。

とはいえ、これまで低価格帯の商品で知られていたTATA Motorsがミドルレンジのコンパクトハッチバックカーで勝負するということで、注目を集めているモデルだ。

TATAとリオネル・メッシは昨年末からパートナーシップを結んでおり、今回の『ティアゴ』の広告にも当然彼が起用されることに。

発表されたCMは『ファンタスティコ』というキャッチフレーズが前面に押し出されたものになっている。

近年拡大しているインドの自動車マーケットでは、日本とインドの合弁であるマルチスズキ、そして韓国のヒュンダイなども力を入れていることで知られる。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら