先日、レアル・マドリーはアルバロ・モラタについて、買戻し条項を行使すると発表した。

今後の去就はまだ不明だが、これで2年間を過ごしたトリノから離れることは確実となった。

そんななか、ユーヴェでポジションを争う間柄でもあったイタリア代表FWシモーネ・ザーザが、Instagram上でモラタへメッセージを送った。

イタリア語だが、こんな感じの内容のようだ。

シモーネ・ザーザ(ユヴェントス、イタリア代表FW)

「去る人あれば来る人あり、僕らの仕事はこんな感じだ。

自分の人生において、ずっと一緒にいて欲しかった人は数少ない。君はそのうちのひとりだ。

単に知り合うだけの人間もいる。一方、深く付き合い、本当の友情が生まれる人もいる。

チームメイトでもあり友人でもある。アルバロ、君とはそんな感じだったね。

スタメンの座を巡る戦いによって、僕らは兄弟となった。だから、多くの別れがあるなかで、今回はそれを口にするのが辛い。

アルバロ、どうかいい人生を。

幸運を願っているよ、君はそれに値するからね。…たぶん火曜日から!」

モラタとの仲睦ましい写真を何度もアップしていたザーザ。2人の間には本物の友情が育まれていたようだ。

なお、最後に火曜日という言葉を用いていたが、EUROのラウンド16でイタリア代表とスペイン代表が対決するのがこの日なのだ。まずは、スタッド・ド・フランスのピッチで再会…ということになりそうだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名