ドイツを0-2で下し、自国開催のEURO2016で決勝にまで進出したフランス代表。

テロに対する脅威、カリム・ベンゼマに関するスキャンダル、あるいは主力CBの離脱など開幕前には様々な懸念があったものの、世界王者を下し決勝の地サン=ドニにまで辿り着いた。

そんなこの日の試合後、スタッド・ヴェロドロームで選手とファンが一緒になってやったのはまさかのあれ!

そう、これは大会を盛り上げたアイスランド代表が試合後に必ずやっていたあの“儀式”!

ファイナル行きを決めた選手とサポーターは、なんとあの手拍子を真似してやっていたのだ。

頭上で手拍子をする感じ、どんどんテンポが速くなっていく感じ、そして最後にみんなで崩れていく感じと、どれを取っても本家そっくり…。これは明らかにパクっている!

とはいえ、こうしたセレブレーションに著作権もへったくれもないはず。今後、世界中のサッカーシーンでこの手拍子がトレンドになっていくかもしれない。

ちなみにこの手拍子、両チームのファンとも試合中からやっていた。