ウクライナ代表はアンドリー・シェフチェンコを新監督に任命したと発表した。

協会の委員会は満場一致でシェフチェンコを支持。契約期間は2年(+2年の延長オプション)になる。

アンドリー・シェフチェンコは1976年生まれの39歳。かつてディナモ・キエフやACミランなどで活躍したストライカーで、今なおウクライナ代表史上最多スコアラー(48得点)に君臨しているレジェンドである。

アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ代表新監督)

「ウクライナ代表の監督になることは、私にとって非常に名誉なことだ。

チームを率いること、そして代表の結果についての全責任を負うことの準備はできている」

また、若手選手を積極的に登用する意向に加え、規律・組織・バランスのとれたチーム作りを目指すという趣旨の発言もしていた。

EURO2016に参戦したウクライナだが、1点も奪えずにグループステージ3連敗。2012年からチームを指揮していたミハイロ・フォメンコ監督が退任していた。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら