『All Nigeria Soccer』は「リオ五輪の日本戦で4得点を決めたオグヘネカロ・エテボは、2つの記録を破っていた」と報じた。

4日に行われたリオ五輪の初戦、日本代表はナイジェリアと戦い5−4で敗れた。

この試合で大きな存在感を発揮したのは、エースストライカーと目されていたオグヘネカロ・エテボだ。

ウマル・サディクの先制点が入った5分後に追加点を決めて勢いに乗ると、42分、52分、66分と続けてゴール。一試合で4度ネットを揺らしてみせた。

彼が更新した記録の一つは、「五輪において、初めて1試合2得点以上を決めたナイジェリアの選手」というポイント。

何度も五輪に出てきたことがあるナイジェリアだが、これまで90分の中で複数回点を決めた選手がいなかったというのはなかなか意外である。

そしてもうひとつは、既に「五輪におけるナイジェリア人得点記録」を破ったということだ。

ナイジェリアにおける五輪での得点ランキングは以下のとおりだ。

  1. オグヘネカロ・エテボ:4点
  2. ヌワンコ・カヌ、ヴィクター・アガリ、ヴィクター・オビンナ:3点
  3. ケネス・オラヨンボ、ジェイ=ジェイ・オコチャ、セレスティン・ババヤロ。チネドゥ・オバニ:2点

まだ1試合しか戦っていないのにこれである。最終的にはこのランキングをどこまで更新してくるのか楽しみだ。