欧州各地で行われたW杯予選。

グループFではスロバキアとイングランドが激突した。ホームで予選をスタートさせたスロバキアだったが、キャプテンであるDFマルティン・シュクルテルが退場になってしまった。

25分に1枚目のイエローカードを受けると、57分には…。

ハリー・ケインの足を踏みつけたことで、2枚目を提示されて退場に。

残り30分ほどを数的不利で戦うことになったスロバキアは終了直前まで無失点で凌いでいたが、最後に力尽きた。90+5分にアダム・ララーナが劇的な決勝ゴールを奪って、イングランドが1-0で勝利している。

イングランドがシュート20本を放ったのに対し、スロバキアは1本のみ。枠内シュートに限ればゼロだったそう。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」