様々な因縁のある浦和レッズとサンフレッチェ広島。

先週末行われたJ1セカンドステージ第13節では浦和が3-0で“ミラーゲーム”を制している。

千葉和彦のオウンゴールで先制に成功した浦和は50分、興梠慎三が追加点をあげリードを2点に広げる。

浦和としては試合を決定付けるゴールとなったわけだが、この得点を演出した柏木陽介のプレーが絶品であった。

高木俊幸からのパスを受けた柏木は、ペナルティエリアの少し手前でボールをキープ。

即座に青山敏弘がチェックに来たこともあり前を向けず、さらにはパスコースはなかったのだが、この状況からチャンスを作る。

高木俊幸のフリーラン

自慢のボールコントロールで「タメ」を作り、高木を前方に走り込ませる時間を作ると…

柏木のスルーパス

広島DFの間を突く、絶妙なスルーパス!

まさに「ここしない」というパスコース、「これしか通らない」といった球速であった。

柏木の巧みなプレーによって広島の守備陣はバランスを崩し、高木のパスを受け取った興梠は無人のゴールにボールを流し込んだ。興梠はこの得点について、「その前の崩しが非常に良かったので、僕は押し込むだけだった」と振り返っている。

今週発表予定の日本代表メンバーにも名を連ねることが濃厚な柏木。10月はオーストラリア、イラクという強豪との試合が待っているだけに、良いイメージでワールドカップ予選に臨むことができそうだ。