セリエA第9節、トリノとラツィオが対戦。オリンピコ・ディ・トリノでの一戦では、チーロ・インモービレが古巣相手にゴールを決めるシーンもあった。

ラツィオが1点をリードされた後半26分に…。

フェリピ・アンデルソンからのクロスをバイシクルで合わせてゴールゲット!これにはGKジョー・ハートも成す術なしだった。

それでも、トリノのエースとして活躍していただけあってインモービレはこのゴラッソにも喜びを表すことはなかった。

これで同点としたラツィオは一旦逆転するも、後半アディショナルタイムにPKで追いつかれ2-2の引き分けに終わっている。シモーネ・インザーギ監督も「我々は勝利に値した。引き分けにはがっかりだ」と悔しさを口にしていた。