レッドブル・ザルツブルクに所属している南野拓実。

今季は出場機会になかなか恵まれず苦しいシーズンとなっているが、11月30日に行われたオーストリア・ウィーンとのリーグ戦で結果を残した!

1-2とリードして迎えた86分、右サイドからのクロスに合わせこの日3点目をゲット!65分から途中出場を果たし、勝利を確実なものとするゴールをあげた。

南野のゴールは9月11日に行われたアドミラ・ヴァッカー・メードリング戦以来、およそ2ヶ月半ぶりのこと。リーグ戦では10試合ぶりのゴールであり、今季のゴール数は「3」となった。

なお、試合はレッドブル・ザルツブルクが1-3で勝利。今週末にはリーグ戦で首位を走るラインドルフ・アルタッハ戦を控えている。