『Sky Sports』など各メディアは、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、MFマルアヌ・フェライニに対してのブーイングについて語った」と報じた。

今月始めのエヴァートン戦に途中出場したフェライニは、短いプレーの中で相手にPKを与えてしまい、その後ファンから激しい批判を受けている。

勝利を収めた先週末のトッテナム戦でも、ピッチに姿を現すとオールド・トラッフォードの観客から大きなブーイングが送られている。

この状況についてモウリーニョ監督は以下のように話し、ファンからの感情は受け入れなければならないと語った。

ジョゼ・モウリーニョ

「私はそれを受け入れる。なぜなら、ファンから送られるものはなんでも受け入れなければならないからだ。

特に、我々に対してあらゆるものを与えてくれるファンからのものはね。しかし、彼らは我々からなんでも得られるわけではない。

彼らはマンチェスター・ユナイテッドに傾倒し、応援する。しかし、結果を得ることはなかった。

私が考えるポイントは、彼らの心の中に、エヴァートン戦でミスをしたフェライニの姿が残っているということだ。

マルアヌは、私が好んでいる選手だ。そして、好ましい人物でもある」