アーセナルの新加入選手、グラニット・ジャカ。

プレミアリーグはこれからハードな年末年始に突入しようとしているが、かつての古巣へ帰っていたようだ。

ジャカが訪れたのは、ボルシアMGのホームスタジアムであるボルシア・パルク。

この日はブンデスリーガ第16節のヴォルフスブルク戦が行われたのだが、その試合のキックオフ前にジャカを招いてセレモニーが行われたようだ。

ジャカのアーセナル移籍が発表されたのは今年5月末のこと。

この時はシーズン終了直後であり、ジャカはそのままEURO2016に出場した。

つまり、ボルシアMGのファンに挨拶をする機会がないままアーセナルへと移ったため、ウインターブレイク前のラストゲームということで、今回シーズン中でありながら古巣を訪れたようだ。

ジャカは2012年から4シーズンにわたってボルシアMGでプレーした。

その功績を讃え、ピッチ上で記念品が贈呈されたようだ。

熱狂的で知られるボルシアMGサポーターもジャカを歓迎!