近年恒例となっているロンドンでのNBA開催。今年はO2アリーナでデンバー・ナゲッツとインディアナ・ペイサーズが激突した。

会場にはアーセナルやトッテナムの選手たちも駆けつけていた。

そんななか、試合前に?アーセナルDFエクトル・ベジェリンがやった驚愕のバスケスキルが話題になっている。

ゴールを背にした状態でボールを蹴り上げると、これが見事にネットを揺らしたのだ!アメージング…。これには同僚のアレックス・オックスレイド=チェンバレンも驚嘆していた。

『London Evening Standard』によれば、ベジェリンは大のNBA好きで、かつては試合をテレビ観戦するために真夜中に起きていたこともあるそう。