アルゼンチンでリーグ開幕前に催される恒例のプレシーズントーナメント『Torneos de Verano』。

今年もボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートとの宿敵バトルが行われたのだが、やっぱりなことに…。

後半36分にボカDFフアン・インサウラルデ、FWダリオ・ベネデット、リーベルFWセバスティアン・ドリウッシの3人が退場になったのだ。

また、この試合ではネストル・ピターナ主審がグスタボ・バロス・スケロット監督とマルセロ・ガジャルド監督の2人に退席処分を言い渡したそうだ。『Ole』などが伝えている。

バロス・スケロットは前半に退席になるも、後半になるとひょっこり姿を見せていたようだが…(その後あらためて退席に?)。そんな今回のクラシコは2-0でリーベルが勝利している。

ちなみに、去年の同大会では両チーム合わせて5人が退場になっている

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】