『AAP』は4日、「シドニーFCのグラハム・アーノルド監督は、GKダニー・ヴコヴィッチを賞賛した」と報じた。

土曜日の試合でブリスベン・ロアと0-0で引き分け、リーグでの無敗記録をまた伸ばしたシドニーFC。その守護神を務める元仙台のダニー・ヴコヴィッチは、今季メルボルンから加入したばかり。

その理由は、息子ハーリーが大きな病気に苦しんでいたことだった。彼は胆管閉塞によって肝臓障害を引き起こす障害を抱えており、ダニーはその治療のために首都シドニーへと移ったのだ。当時所属していたメルボルン・ヴィクトリーが退団を了承し、彼の師匠でもあるグラハム・アーノルドが引き取った形で、Aリーグ全体で彼の支援を行ったのである。

そしてここまでチームの守護神として戦ってきたヴコヴィッチは、息子のために病院で寝泊まりするなど難しい状況にあったものの、先日ついに臓器提供者が見つかった。金曜日にその手術が行われ、無事成功。息子ハーリーはついに病気を克服したのである。

試合ではブリスベン・ロアのMFマット・マッカイやGKマイケル・セオからも祝福されていたヴコヴィッチは、『FOX』に対して以下のように話し、臓器提供者への感謝を伝えたという。

ダニー・ヴコヴィッチ

「息子の人生が救われた。これは、臓器移植の重要性を示しているものだ。我々は永遠に感謝することだろう」

また、彼を使い続けたアーノルド監督も以下のように話し、ヴコヴィッチの人間性を全面的に賞賛した。

グラハム・アーノルド(シドニーFC監督)

「素晴らしい物語だね。彼の息子は非常に良くなっている。ヴコヴィッチ夫妻にとっては大きな救いになるだろう。

ダニーはおそらく3~4週間病院の床で寝ていた。それでも彼はあれだけやってくれた。

彼は素晴らしいゴールキーパーというだけではない。素晴らしい男だよ」

余談であるが、ヴコヴィッチは日本に半年しかいなかったものの、仙台レディースへの移籍が決まったケイトリン・フォードに対して『仙台を好きになると思うよ!素晴らしい人々、素晴らしい街だ!サポーターもすごい』と伝えていた。