アルゼンチンの試合で起きた衝撃の事件が話題になっている。

コパ・アルヘンティーナ、セントラル・ノルテ対タジェレス・デ・ペリコ戦の終了直後に…。

敵地での1-0の勝利をあげたタジェレスだったが、1stレグに0-2で敗れていたために敗退が決定。

そんななか、ロッカールームへと引き上げるタジェレスDFフランコ・ソサ(元ボカ、ラシン)に対し、相手サポーターのひとりが唾を吐きかけたことから乱闘が勃発!

加勢したDFダビド・アルガニャラスが後ろから飛び蹴りを浴びせるも、彼はその瞬間に足を痛めてしまったようで、逆にサポーター2人から蹴りつけられるはめに…。

『Ole』によれば、ソサはこう語っていたそう。

フランコ・ソサ(タジェレス・デ・ペリコDF)

「恥ずべきことだし、当惑したよ。

彼らは俺の顔に唾を吐きかけたので、やり返した。

暴力を正当化するつもりはない。でもレフェリーもひどいね。彼らは過ちを犯した」