ACミランとイタリア代表の守備の要として活躍したパオロ・マルディーニ。

かつて世界最高のDFのひとりだった彼が思う、今最も強いDFとは…。『Calciomercato』によれば、『Planet Football』のインタビューでこう語ったという。

パオロ・マルディーニ

「世界最高のDFについて?

セルヒオ・ラモスは非常に強いね。

でもチアゴ・シウヴァも好きだな。ミランにいた時から彼はすでにそのクオリティを見せつけていた」

まっ先に名前を挙げたのは、レアル・マドリーのキャプテンでもあるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。圧倒的な身体能力を武器とするそのプレーをマルディーニも高く評価しているようだ。

そして、ミラン時代の後輩であるブラジル人DFチアゴ・シウヴァのことも忘れていない模様。今でこそ世界最強DFとして評価されるシウヴァだが、ミラン加入時は欧州ではほぼ無名の存在だった。

だが、練習初日にそのプレーを目の当たりにしたマルディーニが「あいつのジャンプはまるでバッタのようだった」と驚嘆した話は有名。その評価は今も変わっていないようだ。