韓国で開催中のU-20ワールドカップ。日本代表は決勝トーナメント1回戦で、ベネズエラと対戦することになった。

ベネズエラはグループBを首位通過。しかも、3戦全勝、10得点0失点!と無双ぶりを見せている。

そのなかで注目なのは、背番号7のアダルベルト・ペニャランダ。金髪が目立つ彼は、ワトフォードが所有する19歳のアタッカーだ。

そのペニャランダはグループステージでのメキシコ戦で、こんなプレーをやっていた(動画再生はYoutubeから、該当シーンは1:10~)。

ネイマールも得意とするヒールでのトラップ!吸いつき方が半端ではない。そして、食いついてきた相手DFを一瞬の加速で振り切って突破してみせた。

別の角度からこのプレーを見るとテクニシャンぶりがより分かるので、「Peñaranda + Neymar」で動画検索してみて欲しい。

そんなペニャランダは18歳の時点でフル代表にデビューしており、すでに11キャップを記録。

ただ、今季は怪我のために10試合のみの出場(355分)に留まった。今大会に向けては本人も不安があると口にしていたのだが、フル代表も兼任するラファエル・ドゥダメル監督によれば調子を取り戻しているようだ。

日本代表もそのスキルフルなプレーに注意すべし!