先週、ロシアでFIFAコンフェデレーションズカップが開幕した。

同大会はワールドカップの前年に開催されており、各大陸の選手権などを制した8チームが2組に分かれ、各上位2チームが準決勝へ進出する。

大会は21日からグループステージの第2節へ。A組の開催国ロシアは欧州王者のポルトガルと対戦したが、0-1で敗れた。

開幕戦でニュージーランドに快勝し、この試合に勝利すれば早くも突破が決まるロシア。しかし、この日の相手ポルトガルは一枚も二枚も上手だった。

8分、クリスティアーノ・ロナウドに先制ゴールを許すと、前半はほぼ防戦一方に。後半、眠りから目覚めたロシアは大観衆に背中を押されるように相手ゴールに圧力をかける。ただ、ポルトガルはこれを冷静に対処し、2試合目でコンフェデ初勝利を手にした。

1勝1分の勝点4で暫定首位に浮上したポルトガルは次節ニュージーランドと、勝点3にとどまったロシアはメキシコと、それぞれ24日に対戦する。