ガンバ大阪の中心的存在である遠藤保仁。

国際経験も豊富であることからアジアでは名の知れた存在であり、AFCチャンピオンズリーグの出場試合数は「50」の大台を超えた。

そんな遠藤がアジアサッカー連盟(AFC)のインタビューに登場。

これまでに出場したACLの中で、最も記憶に残っている試合はどの一戦なのかを明かしてくれた。

遠藤 保仁(ガンバ大阪)

「一番面白かったのは、2008年のセミファイナル(準決勝)っすね。

浦和戦が一番記憶に残ってますね。

決勝に進む大事な2試合で、なおかつその当時の最大のライバルである浦和にホームが1対1で、アウェイが1-3か。快勝することができた。

ACLの準決勝で国内でライバルチームと当たるというのは、特別な思い出だったかなと思います」

2008年シーズンのACL、グループGを首位で通過したG大阪はベスト8でシリアのアル・カラーマを下し、準決勝へ進出。そこで対戦したのが、前年度の王者である浦和レッズだった。

当時の浦和とG大阪は毎年のように優勝争いを繰り返しており、この当時から両チームの対戦が「ナショナルダービー」と呼ばれ始めた。

結局試合はアグリゲートスコア4-2でG大阪が勝利し、遠藤も2試合でゴールをあげた。ライバルを下しての決勝進出ということで、歴戦の遠藤にとってもアデレード・ユナイテッドとの決勝以上に印象的な試合であったようだ。