『Sky』は20日、元イングランド代表MFフィル・ネヴィル氏のコラムを掲載した。

ワールドカップ出場権を獲得することができなかったウェールズ代表は、先日クリス・コールマン監督が退任し、指揮官不在となった。

現在は2020年のEUROを目指すための新たな監督を探している状況であるが、フィル・ネヴィルは「ライアン・ギグスが最適だ」と考えているようだ。

フィル・ネヴィル

「私はライアン・ギグスとウェールズ代表の仕事について話したことはない。

しかし、ウェールズ代表は誰かフレッシュな監督を雇うべきだと思う。選手との関係を作れて、鼓舞できる人物をだ。

思うに、ライアンはそれができる男だ。彼は代表チームの選手ともプレーしたことがあり、多くの者にとってヒーローだ。

彼らはギャレス・ベイルを炊きつけられる人物を見つけなければならないし、ライアンはその役割を果たせる。

多くの仕事があり、誰もが『経験、経験、経験』と言いたがる。しかし、ライアンのような人物にチャンスを与えるべきだ。信じられないキャリアを過ごし、ルイス・ファン・ハールとともに仕事をした人物に。

ウェールズ代表監督は最初として素晴らしい仕事になる。それを引き継ぎ、前に進ませることは、監督を素晴らしいボスにする。

クリス・コールマンは代表監督になった時まだ若かったし、特別な何かを成し遂げるために戦った。

ウェールズは経験ある誰かを必要とはしていないだろう。ベイルやラムジーに再びインスピレーションを与えられる誰かが必要だし、ライアンはそれに最適な人物だ」