シーズンも終盤に入り、各クラブは来季に向けた補強策を進めている。

松本山雅は法政大学に所属しているDF武藤友樹の加入を発表した。

武藤は1995年5月9日生まれ。

柏レイソルU-15から八千代高校、法政大学へと進学し、大学の4年時には第41回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントを制し、チームの35年ぶりとなる優勝に貢献した。

そんな武藤の加入を、J1に所属するあの選手も喜んでいた。

柏DF中谷進之介だ。

中谷と武藤はともに千葉県出身で、同い年にあたる(中谷は早生まれ)。中谷によれば、両者は小学生と中学生時代に一緒にプレーしていたそう

また、武藤のプレースタイルについて「法政大のカイル・ウォーカー」と絶賛した。これは活躍が楽しみだ!

加入が決定した武藤は公式サイトで、「素晴らしいクラブに入ることができ、とても嬉しく思います。一日も早くピッチに立ち、熱いサポーターの皆様の前でプレーできるように日々努力していきたいです」とコメントしている。