編集部S:中村航輔

中村航輔 日本代表

3試合の総当たり戦ということを考えると、GKはローテーションもありうる。

であれば、J1でもスーパーセーブを連発した中村航輔の代表デビューに期待しないわけにはいかない。

A代表レベルでもその素晴らしいパフォーマンスを発揮するのか、あるいは通用しないのか。今後の日本代表のチーム作りを考える上でも非常に気になるポイントである。

ちなみに、ハリルホジッチ監督は2015年の東アジアカップでも西川周作と東口順昭の2名を起用している。

【次ページ】ボランチは新戦力求む?