クライマックスを迎えた2017年のMLS。プレーオフ決勝では、トロントFCがシアトル・サウンダースを2-0で撃破し初優勝を遂げた。

遠藤翼も所属するトロントは、カナダのチームとして初めてMLSを制したクラブに。この快挙達成に、あの超大物ラッパーも反応していた!

TFC!!!!!!!!!!!!!!!!! 🙌🏽🙌🏽🙌🏽 CHAMPION
champagnepapiさん(@champagnepapi)がシェアした投稿 -

これはあのドレイクの公式Instagramだ。彼はトロント出身で、トロントFCのサポーターとしても知られている。その彼は「TFC(トロントFC)!!!!!!!!!!!!!!!!! CHAMPION」と喜びを綴っていたのだ。

なお、写真に写っているジョジー・アルティドールは決勝で値千金の先制ゴールを決めてMVPを受賞。彼とトロントにとっては決勝で敗れた昨季から1年越しの悲願達成だった。

ジョジー・アルティドール(トロントFC FW)

「(昨年の決勝で)相手選手が最後のPKを決めた時のみんなの顔は一生忘れないだろう。みんな泣いていた」

「皆(トロント、スタッフ、ファン、選手)すばらしかった。皆でこんな夜を過ごせるなんて、夢みたいだね」