『RMC Sport』は11日、「アンタルヤスポルの監督を辞任したレオナルド氏は、辞任の理由を語った」と報じた。

9月にトルコリーグのアンタルヤスポルと2年契約を結び、久しぶりに監督としての仕事に復帰したレオナルド。

今夏サミル・ナスリやジェレミ・メネズ、ウィリアン・ヴァンクールなどを補強したものの、クラブは開幕から3分け2敗と低迷していた。

苦しい状況でチームを受け継いだレオナルド氏は、その後の試合で4勝1分け5敗という成績を収め、なんとか降格圏を脱出。

しかし先週、メディアはレオナルド氏が就任からわずか2ヶ月で辞任すると報じた。

トルコの報道では「サミル・ナスリ、ジェレミ・メネズ、ウィリアン・ヴァンクールが練習を拒否し、チームに馴染もうとしていない」と、クラブ内の不和があったとの示唆も…。

謎の多い状況に、ついにレオナルド氏本人が反応。その説明によれば…。

レオナルド

「私はナスリ、メネズ、ヴァンクールについては何も話していない。辞任についてトルコのメディアには話していない。

辞任するのは、会長が離れるつもりであるからだ。彼は今日それを実行した」

ただ、クラブ内での問題によって会長のアリ・シャファク・エズテュルク氏が辞任することだけが理由だと説明した。

もちろん、レオナルドの説明はそれについて話していないというだけで、選手との間に問題がなかったというものではないが…。