『Mirror』は、「21世紀のエル・クラシコにおける最高の選手50名」という記事を掲載した。

今季はなんとクリスマスの昼にキックオフされるという異例のエル・クラシコは、世界的な視野で開かれる大イベントとなる。

レアル・マドリーとバルセロナ、スペインの主要地域を代表するクラブ同士の戦いは、何度も名勝負を演出してきた。

その試合を彩った50名の選手とは?今回は50~25位を紹介しよう。

50位:カカ(レアル・マドリー)

カカ レアル・マドリー バルセロナ

クラシコで得点を決めたことはないが、彼の世代では最高の選手であり、真のギャラクティコスの一員だった。

49位:デイヴィッド・ベッカム(レアル・マドリー)

デイヴィッド・ベッカム レアル・マドリー バルセロナ

2005年4月のクラシコで2得点を導いたベッカム。4-2の勝利に貢献した。

【次ページ】「本物のサイコパス」