トルコ1部リーグのガラタサライは、ファティー・テリム監督を招聘したことを公式発表した。

2016年2月に元クロアチア代表MFのイゴール・トゥドールを監督に迎えたガラタサライ。

今季は開幕から9試合負けなしなど上位をキープしてきたが、11月18日にイスタンブールBBに5-1で敗れ、12月2日にもベシクタシュに3-0で黒星を付けられた。

またカップ戦でも敗退しており、17日に行われたマラチャスポル戦で敗北すると、首位から3位に転落。それを受けてトゥドール監督が解任されていた。

そこで招聘されることになったのがトルコの名将として知られるファティー・テリム氏。

1996~2000年、2002~2004年、2011~2013年とガラタサライの指揮を執ってきた経験を持ち、これがなんと4回目の監督就任となる。