リーガ第17節、バルセロナは敵地でのエル・クラシコに0-3で勝利した。

宿敵レアル・マドリーを撃破した一戦で、リオネル・メッシは1ゴール1アシストとさすがの活躍を見せた。そのメッシはこの1試合で5つの記録を樹立したとの情報も。

クラシコでの最多アシスト、クラシコでの最多ゴール、対レアル戦史上最多ゴール、リーガ10シーズン連続で15ゴール以上、欧州トップリーグにおける1クラブでの最多ゴール。

『WhoScored』によれば、あのゲルト・ミュラーの記録を抜いて、欧州5大リーグ史上最多スコアラー(526得点)になったとのこと。

なお、メッシはこれで全コンペティションでの通算アシスト数も200に到達している。

宿敵レアル戦で記録を樹立してしまうのは、さすがだろうか。