『Mirror』は27日、「アーセナルのMFアーロン・ラムジーは、ウェールズで最も高額な家を購入した」と報じた。

現在怪我を負っているためプレーできていないラムジー。ウェールズ代表としてもワールドカップ出場を逃してしまった。

しかしその一方で、生活の面では大きなトピックがあったようだ。記事によれば、ウェールズの首都カーディフの郊外にある「国内最高の家」を買ったという。

その家、もともとの価格は450万ポンド(およそ6.21億円)であったという。

5つのベッドルームがあり、3ホールのゴルフコース、テニスコート、豪華なバスルーム、ジャグジー、サウナ、プライベートバー、屋外プールなど5つ星ホテル並みの施設を揃えている。

また、ヘリで移動すればアーセナルの練習場まで1時間で行けるとのことで、週末に滞在しても問題ないという。

ラムジーはその邸宅をオトクな価格と言える310万ポンド(およそ4.28億円)で購入し、ウェールズで最も豪華な家に住む人物になったのだ。

継続的な怪我に悩まされているラムジー、この充実した空間で傷を癒やすことができるだろうか?