今夏、EUROに初出場するウェールズ代表。10番を背負うのは、アーセナルでプレーするMFアーロン・ラムジーだ。

そのラムジーはこのほど髪の毛を染め、こんな感じにイメチェンしていた。

現地ではブロンドとされていたが、白っぽくも見える。遠目では一瞬誰だか分からないくらい…。

『BBC』によれば、ラムジーは「重要な意味があるわけではなく、単に変化が欲しかった」と語り、このところ(髪を染めることを)考えていたという。

ちなみに、1998年フランスW杯では、ルーマニア代表の選手たちが一斉に金髪にするという出来事があった。

ラムジーはそのことが少し思い当ったも述べており、他の選手たちが彼に続く可能性も否定しなかったとのこと。

本大会ではイングランド、ロシア、スロバキアと対戦するウェールズ。ベイルをはじめとする代表選手たちが、ラムジー同様に金髪になっていたりするかも??